男性更年期障害の治療期間はどのくらいが適切なのか

男性更年期障害を治療する方法

男性更年期障害LOHは女性の同様な症状とくらべてうつ状態になりやすい傾向があるとされており、それは男性ホルモンの体内からの精製がうまく働かなくなり精力減退など様々な身体的精神的支障がでてきます。

男性更年期障害を治療する方法としては、まず泌尿器科による男性ホルモンの直接投与が挙げられます。

この方法は現在日本において最もポピュラーな治療方法とされており、体内で精製されづらくなってしまったテストステロンを直接注射によって投与することで治療を行っていく方式です。

他にも錠剤や塗り薬などの治療方法もありますが、これらは日本ではあまり採用されている方式ではなく、専ら注射が苦手で投与できないときなどの代替として利用される方法です。

男性更年期障害のその他の治療方法としては、心療内科によるカウンセリング治療があります。男性更年期障害の原因として挙げられているストレスや過度の生活習慣の偏りなどを見直すために、心理カウンセラーによる精神的なケアを受けるという方法です。

物理的な薬で効果を得られなかった場合に行われる方式ともなっており、男性更年期障害がウィルスなどからくる病気ではない故の有効で基本的な治療方法です。

どちらも外来可能な医院は多くあるため、治療を行う施設に困ることはないでしょう。

男性更年期障害の治療期間について

男性更年期障害は悪化したまま放っておくと極度のうつ状態になる可能性があり、日常生活や仕事などに支障をきたす恐れのある病気です。

この男性更年期障害の治療期間は、直接注射でホルモンを投与する場合は平均して3か月程度とされています。

比較的長めの治療期間となっていますが、この病気によって問題の箇所となる部分が薬などの効果で即時治るところでなく、また精神的な面からもきているためこのように長めの治療期間が設定されています。

人によってこの期間は前後しますが、ひとまず治療を開始して3か月程度を目途に、3週間ごとに1度注射による治療を行います。

そうして3か月経ったときに治療前とくらべて症状が緩和されているかどうかという判断を医師と本人で下し、そのまま継続するかどうかを決定します。

そのため人によっては治療期間はさらに延びる可能性もあり、反面2か月程度で実感できるほどに緩和されるというケースも多々あります。

心療内科によるカウンセリングによる治療は一定の期間を設けにくく、数か月から1年程度と幅が広いのが特徴です。

精神面での治療のため個人差が非常に目立ち、現在患者がおかれているストレス環境を変える必要がある場合には、さらに期間は延びる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です