男性更年期障害の症状と治療を徹底解説

男性更年期障害の症状について

男性更年期障害は、主に男性ホルモンまたはテストステロンと呼ばれる精巣でつくられる物質に影響された状態のことを指します。

個人差はありますが、一般的に40歳以降にこの物質の精製が衰えていき、症状としてはほてり・発汗・寝汗・疲労感・そしてうつ状態といった症状が出るケースがあります。

また著しい性欲減退も男性更年期障害の代表的な症状とされており、その原因は体調の急激な変化や環境の著しい変化による外的なストレスによって精巣で生成される物質の量が極端に低下する要因とされています。

ほかにも精神状態が不安定になるという点も男性更年期障害の症例のひとつで、怒りっぽくなったり感情の起伏が激しい躁鬱状態を繰り返すなども例としてあります。

男性更年期障害の治療方法について

男性更年期障害の主な治療法としては、男性ホルモンまたはテストステロンと呼ばれる物質の補充が最も一般的なものとなっています。

この物質の補充による治療の代表的な方法は、筋肉注射、経口薬、そして塗り薬があります。

日本では筋肉注射が治療法の基本的なケースと位置づけられており、3から4週間ごとに筋肉注射を行います。

効果の発現は個人差があるものの、3か月程度で結果が出ているかどうかを判断し、治療を継続するかある程度の効果を得られたとして一旦中断するかといった決定が下されるのが一般的です。

この物質補充による治し方は基本とされていますが、万が一前立腺に病気を抱えている場合はその進行を進めてしまう可能性があるため医師から止められることがあります。

未然に男性更年期障害を防ぐ方法とは?

未然に男性更年期障害を防ぐ方法は、日常生活における外的なストレス状態をできるだけ取り除いていくことが大切になります。

極端な環境の変化や一時的な極度の緊張からくる精神的なショックでは慢性的な男性更年期障害にはなりにくいとされている一方で、常に外的ストレスにさらされている場合は40歳台未満でも発症してしまう可能性があるものだと考えるべきです。

まずは泌尿器科やインターネットなどにある男性更年期チェック表で外部からあるいは自分で検査を行うことが重要で、それぞれの質問項目に素直に答えていくことで発症するかどうかのレベルがある程度分かります。

もし発症しやすい状態だと分かった場合は、生活習慣の見直しや、自分を出すことができる趣味の場所、しっかりとした睡眠と適度な運動を1日の習慣に取り入れストレスを排除していくことが防止策の第一歩です。

ただし自由な時間がとれないという人も多いため、その場合は疲労回復の効果がある漢方やサプリメントを服用するというのもひとつの手段とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です